2005年08月24日

第44話 二人のラクス

はい、ちゃっちゃか進めていきます!

第44話 二人のラクス


・・・前回、最後の最後でラクスが登場して、気になる展開となった44話。

ラクスが、淡々と話す傍ら、慌てふためくミーア。

・・・すこし気の毒でした。

しかし、ジブちゃんは勘違いも甚だしいですね!
調子に乗っていたところへ・・・




「わたくしは、ジブリール氏を支持するものでもありません。」(だっけ?)



というラクスのきつい一言。



まぁ、そんなこんなで、ラクスの登場により、世界は混乱します。
かつて、ZAFTと組んだレジスタンス等は、ZAFTを支持。
ミネルバクルーも、落ち着かない様子。
しかし、そんな中タリアさんは・・・。



「一つハッキリしているのは、我々の上官はラクス・クラインじゃないってことよ。」


と、言い切りました。
さすが艦長。

タリアさんは強い・・・というか、立派な軍人ですね。
どことなく、ナタルを思い浮かべてしまうのは、私だけ?

でも、このラクスの発言で・・・





カガリが一言もしゃべってないっ!!!!




おのれぇ、教祖めっ!!!!(マテ)




一方ミーアは、一度、身を隠すようで・・・。
まぁ、騒ぎが治まるまではそれが無難かと・・・。
ミーアは、そこまで意志が弱そうなんで、背負っている重圧の耐え切れなくなったとき、議長に頼まれて『ラクスの代わり』をした。って暴露しちゃいそうですよね・・・。
そうなったら、議長は大変面倒なことになるのであって・・・。
それも、ミーアを匿う理由の一つじゃないかな。って私は思います。



ミネルバクルーも、揺れていますね。
シンとルナはレイにたずねます。

「どっちが本物かってこと・・・。」

この問いに、レイが出した答えは・・・。



「なんだ、お前まで。ばかばかしい。」



そして・・・。



「議長は正しい。俺はそれでいい。」



ってね。
さすが『議長を崇める会』会長殿の発言ですよ。(え)
日に日に、腹黒さが増していくレイ。
最初の頃は好きだったのになぁ・・・。


そんで、レイは話題を摩り替えます。
そこで、明かされた真実。


アスラン生存。


このことにルナは驚き、シンを見ます。
するとシンは、思いっきり顔を背けました。
まだまだ子供だなぁ・・・。笑
そして、メイリンが生きているなら、AAに乗っている可能性が高いというレイの言葉に動揺を隠しきれないルナ。
そりゃ、肉親が生きて、乗っている船と戦うなんて、したくありませんよね。


そして舞台は宇宙へ・・・。







イザーク!!!!&ディアッカ!!!!







来ました!どんなにこの日を待ち望んだことか・・・。

イザーク率いるジュール隊は、月の裏側で発見した施設の偵察(?)にいっていた。
何が目的か分からない以上、ジュール隊に下された命令は『停止』だった。
しかし、その施設とは、連合。の作った巨大兵器『レクイエム』だった。

前に、ウナトと話しているシーンでジブちゃんがいってた台詞に・・・。

「私が宇宙へ行って、レクイエムを奏で・・・・」

みたいなのがあったような・・・?あれって、この兵器の名前もカケてたんですかね?




そして、ついにレクイエムが起動。


照準は、プラント首都!


その時。



ディアッカ『イザァーク!!!!』

イザーク 『全軍回避ぃ!!!!』






そして、レクイエムは発射されました。
首都には撃たれなかったものの、プラントは大打撃を受けました。


っていうか・・・。





ディアッカが生きてるっ!!!!





それだけで、私は満たされていました!
前々から、ディアッカが、イザークをかばって死ぬ。っていう噂があって・・・。
レクイエムが発射されたとき、本気でディアッカが死ぬって思っちゃいました。
んで、生きてる姿を見たときは、思わず涙がでましたよ・・・。
もう、死ぬなんて考えられないキャラですからね・・・。
だって、まだミリィとも再会してないし・・・。
あの二人、結構好きだったりするんですよね☆
でお、やっぱりシホはでてこなかったですね・・・。
皆でラクスの演説きくシーンではいたのに・・・・・。



んで、この知らせを受けた議長が・・・怪しい


いや、怪しいのはいつものことなんだけど・・・。(オイ)

なんってゆうのかな・・・レクイエムの発射された後、あっけに取られて、立ち尽くしている隣の議員?を、ちらっみて、大激怒・・・。みたいな?
その、議員を見る視線は、とても落ち着いて・・・っていうか、冷静で、なんだか府におちない感じでした。



その知らせは、地球にもすぐ届いて・・・。



ミネルバ、アークエンジェル、カガリなど・・・。





「なんて事なの!?」

という、タリアさんの悲痛な叫び。

AAにも重い空気が流れます。

まぁ、キラはどうか分からないけど・・・。
アスランやラクス・メイリンにとってはふるさとですしね・・・。


ミネルバのモニターでプラントの悲惨な状況を見て、言葉も出ないシンとルナ。
けれど、レイは、落ち着いたようにいった。


「ジブリールだな。」






って、少しは取り乱そうよ!




仮にも故郷が打たれたっていうのに・・・。
でも、レイの故郷ってプラントなのかなぁ・・・。って思ったりもします。
彼の正体が、まだはっきり明かされていないので、何ともいえないけど。
それに、レイは議長さえいればそれでいい、って感じなんで、故郷なんて考えたことはないのかなって考えたり・・・・。
とにかく、レイに関してはまだ何とも言えないってことで・・・・。

で、レイはいいます。
こんなことになったのは、自分達が、ジブリールを捕獲できなかったからだと。
その言葉に反発するシン。

「だって、あれは!」

脳裏によぎったのは、AA・Sフリ・Iジャス・・・。



っていうかおかしくない?
AAサイドは、あくまでオーブを守るために戦っていたわけで、ジブちゃんを乗せたシャトルをムラサメに止めさせようとした事から、ジブリールを庇ってはいない。って事はすぐに分かりそうなものだけど・・・。

あえて言っちゃうと・・・・。
原因は・・・




ルナマリアだと思います。





言っちゃった・・・。
でも、あんな至近距離まで行っといてよ?射撃はずして・・・。
あそこで、撃墜してれば、ジブちゃんは死んでいたはず。
だから、あれは、どう考えてもルナマリアの責任だと、私は思います。



AAでは、カガリも交えたクルーがブリッジに集合して。
そこでラクスから明かされる議長の目的。DESTENYプランの内容。
それは、人の一生を遺伝子で全て決めてしまう、という世界。
そうすれば、確かに争いはなくなります。
ラクスが言ったとおり、遺伝子によって、争う行為が無駄だと知っていれば戦争なんて起こることはない。
けれど、それはすでに『人間』ではないと思います。
過ちを犯してでも、不器用でも、迷いながら生きていくのが人間です。
それが全くなくなってしまったら、それは『人間』ではなく、ただの『道具』にしか過ぎない。
決められた役割だけを果たす『道具』。
ただ一人、議長を除いて。



それを阻止するために、宇宙へ上がる決意をしたAA。

先に宇宙へと発進したミネルバ。

AAではキラとアスランの爽やかな握手が交わされていました。
もう、この二人は、このままホモ路線を駆け抜けるんでしょうね・・・。笑


ってな感じで今週は終了です。
最後ら辺・・・DESTENYプランのところに、ちょっとクサイ事書いちゃったけど・・・(汗)
来週はとうとう本格的な宇宙船。
ってか終わるのかな・・・この話・・・。

ってな感じです!
以上、DESTENY感想でした!長くてスミマセン!
posted by ちー姫 at 18:39| Comment(4) | TrackBack(1) | DESTENY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

第43話 反撃の声

さ、さくさく進めるぞー!

第49話、反撃の声。


アスラン出撃ー!!


来ましたよ!ジャスティスが!
でも、あの怪我ではかなり危険では・・・。
連絡を受けたマリューさんの元に、教祖様ラクスが来て一言。

「艦長、どうぞ、彼の思うとおりに・・・。」



一瞬、ラクスの背後にが見えました。
きっと本音は・・・。

『何やってるの、とっととキラの手伝いして来いよ!てめぇの傷なんかしったこっちゃねーよ!』

見たいな?

あぁ、恐ろしい・・・。笑

んで、レイとシン。エース二人を相手にして、さすがのキラも苦戦してて・・・。
シンがロックかけた瞬間。

「やめろー!」

ホモの絆友情の絆ですねー。アスラン登場です。

「アスラン・・・なんで・・・。」

自分が殺したはずのアスランに戸惑い、驚きを隠せないシン。
そこで、アスランはシンを説得します。
でも、今まで何度となく説得に失敗してるのに、くじけないアスランはすごいと思いますよ。
アスランは言います。

「お前は何が欲しかったんだ!」

その問いにシンが思い浮かべたものは、両親・妹。そしてステラ・・・。
シンが好きで、守りたくて、でも守りきれなかった人たち・・・。
でも、この人たちが死んだのは、シンのせいじゃないような・・・?

両親と妹が死んだのは、紛れもなく妹のマユちゃんの責任だと思います。(きついかな)
だって、たかが携帯のために立ち止まって・・・
あそこで、携帯を諦めてれば死ななかったはずでは?

そして、ステラが死んだのは・・・ま、キラのせいかな?
でも、もとはといえば、連合がステラをあんな体にしたのが悪いんであって、キラは悪くないとも言えるような・・・。
あの場合、あれ以上被害を出さないようにするためには、あの方法しかなかったと私は思います。
あの後シンが「説得しようとしてたのにー!」みたいな事を言ってましたが、説得できてなかったからね。
あそこで、キラがデストロイ破壊してなきゃ、シンは死んじゃってたわけですし・・・。


ま、本編に戻ります!
説得してたところに割り込んできたのはやっぱりこの人・・・レイ・ザ・バレル

「裏切り者の死にぞこないがぁ!何をノコノコとぉ!」


もう、キャラ壊れちゃってますね。
そこで、主にキラ対レイ。アスラン対シン。ってな感じで、戦闘再開です。
しっかし、アスランも本領発揮ですね!
怪我してるのに種割れ・・・。かっこよかった!
逆切れして種割れしたシンを、アスランがやり込める・・・。
あのときのシンの顔ときたら・・・。
「なんで?」
みたいな感じでしたよね。

おそらく・・・。
アスランはキラにセイバーを破壊され、負けた。
         ↓
自分はそのキラに勝った。(死んでないけど)
         ↓
    自分はアスランより強い! 
って思ってたんじゃないでしょうか・・・。シンは。

んで、AA対ミネルバの方もヒートアップ!
しかし、ここでネオさんが被弾します!
緊急着艦したときに、ネオさんの頭にある光景が・・・。
それは、まぎれもないムゥの記憶。ま、ネオにはそれがムゥの記憶だなんて分かんないんだろうけどね。
それにしても・・・。
両艦とも、かなり打ち合ってるのに、ほとんど被害がないってのは、どうゆうことでしょうか・・・?
そして、AAがもぐります!
そしてその後・・・。

「バリアント、てぇー!!!!!!」
。。。かっこえぇ!!!!!マリューさん!!!!!


地上戦は、ラクス宗教団体信者ドム隊の活躍で何とかザフトを押し返しつつあるようで・・・

いっぽう、カガリは国防本部でジブリール発見の連絡を待ちますが、どこにもいないことに、苛立ちを隠せない様子・・・。

当のジブちゃんは、とっくにセイラン家のシャトルに乗り込み、ウナトとユウナを待っています。(かなりイラつきながら。笑)  
んで、そのユウナというと・・・。


死んじゃいました。


・・・・!?!?!?!?!?!?!?

って感じの死に方。
頭上で戦ってたグフが撃墜され、ユウナの上に・・・。

ヒュー・・・・

ドーン!!!!

プチッ・・・・

本来、一番最後は、もっとグロイ音だと思うんですが、あえて軽い感じで言ってみました!笑

ここで一句。

ユウナ・ロマ、死んでくれて、ありがとう


おかしいな、何故か心は、晴れ模様


素直な感想です(爆)
今まで、どんなキャラが死んでも泣かずにはいられませんでいた。・・・が。
今回は泣けませんでした。
というか、すがすがしい気持ちでいっぱいです。(マテ)
きっと、好きなキャラ(主にカガリとアスラン)の邪魔をする役だったので・・・。
どうしても好きになりきれなかったんです!

まぁ、そんなこんなで・・・。
ウナトおじ様も、来ないようで・・・痺れを切らしたジブちゃんは、シャトルを発進させます。
それに気づいたカガリはムラサメに指令を出します。
最悪の場合、打ち落としても構わない。っと。
一方、ミネルバでもシャトルの発進を確認。感づいたタリアさんが、ルナマリアを発進させます。

ムラサメよりも遥かに性能のいいインパルスは、ムラサメを追い越し、シャトルに向けて発砲します。
かなりの近距離で。
なのに・・・。
ビームは当たることなく、シャトルは宇宙へ・・・。
ルナ、すごかったのはヘブンズベースの時だけか!?みたいな?
射撃が苦手にしても、ひどすぎる・・・。

そして、指揮をとっていた船がAAの攻撃により撃沈。
変わってタリアさんが指揮を取り、ザフトは一時撤退します。
AAでは、アスランが出血大サービス中・・・。
あんだけでてれば、生命の危険もあるだろうに・・・。

そして、今回ときめきに満ちたシーン・・・。
会話バージョンです。

ネ「あんたを知っている・・・様な気がする。」
マ「え?」
ネ「いや、知ってるんだ。俺の目や、耳や、腕や、何かが。だから、飛んでいっちまえなかった。」
マ「っあ。」
ネ「あんたが苦しいのは分かってるつもりだ。だが、オレも苦しい。だから・・・
  此処にいていいか?あんたの・・・傍に・・・。」
マ「!?・・・コクン(頷き)」



ぎゅうっ・・・。


うきゃー!!!!!って感じ。
もう、ムゥと呼びます!ネオなんて書きません!(オイ)


そして、病室ではアスランが。そして横にはメイリンが・・・メイリン・・・メイリン・・・



ジャキっ!(銃を構える)


・・・我慢しましょう。
そこにキラとラクスが登場でーす。ラブラブデース。カガリとアスランとの、この差は何なんだよォ・・・。
そして、カガリ様が声明を出します。
そこへ・・・・。


ミーア割り込み!!!!!!


折角のカガリ様の声明を・・・。
脳天に蹴りをかましたい衝動を必死に抑えました。
AAでは、なにやらラクスが動く様子。期待してみてたら、病室から出て行くときのキラとラクスを見てmそのラブラブっぷりに嫌気が差しました。
こいつらにも蹴りを食らわせようかと思いましたが、次の瞬間・・・。

「わたくしは、ラクス・クラインです。」


・・・来ましたA!!教祖様です!!!!
やっと、ミーアが地獄に落ちるときが来ました!(こらこら)


ってな所で終了ー。
では、この辺で・・・かなり長いですが・・・。
以上、DESTENY感想でした!
posted by ちー姫 at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | DESTENY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

第42話「自由と正義と」

さぁ、ちゃっちか進めていっちゃいます!

第42話 「自由と正義と」

これって、題名からして「SフリとIジャス」ってこと?
ま、とりあえず本編に移りマース!

アスラン、ちょびっと復活☆
しかぁし・・・彼の隣には・・・・・・・。そう!メイリン!!




・・・・・・キシャアァァァアァァァ!!!!(威嚇)



・・・ふう。取り乱してすみませんm(__)m
んで、外ではムゥネオさんが離艦します。
その際、マリューさんは涙を浮かべ、ネオさんに背中を向けて、こう言いました。
「あなたはムゥじゃない・・・ムゥじゃないんでしょ。」
・・・マリューさぁん!!!!(号泣)
切ないね。これ、間違いなく、自分に言い聞かせてるように見えるんですが・・・。
私だけ?
そしてエンジンの修理が終わり、AAも発進します。
ネオを残して・・・。

一方、カガリは、シンと交戦中。
あぁ、カガリは女の子なのにぃ・・・。
しかし、カガリの乗っている『アカツキ』はビームをはじく。
そのことに、シンはちょっぴり驚きます。
しかし、そこはZAFTの赤服、エースパイロット。
ムラサメが援護に来ても余裕綽々デス。
いくら、カガリがナチュラルで唯一種割れしたといっても、さすがに敵う相手じゃなく・・・。
ビームサーベルにより、片腕が破損。
あぁぁ。新品なのに・・・。
そして、もう一つのサーベルをシンが放ちます。
そこへ、先ほどのサーベルが戻ってきて挟み撃ち!
その時ついに・・・



「カガリっ!」



アスラン叫びキタぁ!!!!!!Σb(*>ω<*)
はい、叫び文字は大文字赤で目立つように!(笑)
やっと・・・やっと・・・アスランがカガリって叫んでくれた!
もう、小躍り状態でしたよ!笑
そして、そこにぃ・・・。お約束です!

ストライクフリーダム来たぁ!!!!!


んで、vestige〜ヴェステージ〜、フゥーーーーー!!!!
↑こっちを大文字で・・

西川さんですよ♪きゃはっ♪(←壊れ)


Sフリ(キラ)が宇宙より颯爽と登場!
手を引いているのは、Iジャス。中には教祖様ラクスが!!

そして、シンを引き受け、ラクスをAAに送り、カガリを国防本部に行かせるキラ。
一方シンは、倒したと思っていたフリーダムの出現にややパニック。
「ばーか!キラが死ぬわけないだろ!はっははーん!ざまぁみろ!」
と、TVに叫ぶ私がいた。(反省)
その間に、カガリは国防本部へ・・・。
AAの出現に、コメントしたのはもちろんアーサー。
「えぇぇえ!?」
毎度毎度、ご苦労様ですm(__)m
そして、アークエンジェルvsミネルバとなるのです!

「これより、アークエンジェルを討つ!」

「ミネルバが来るわよ!」

二人の女館長。かっこよすぎです・・・。
アーサーとアマギ。
ほとんど同時に「てぇえぇぇえ!!!」ってね♪


そして、シンとキラは熱い闘いを繰り広げております。
戦況は、キラが有利ですね♪
ま、今のキラには最強の機体があり、アスランもAAにいるんで、不安要素が少なく、迷いがあまりないということもあるかもしれませんがねー。
AAに着艦したIジャス(ラクス)。それと同時にアスランが立ち上がってぇ、メイリンが支えてぇ・・・。
支えて・・・?


ピキっむかっ(怒り)


グシャ!
↑缶を握りつぶす。(シンのまね)


さて、気を取り直して。
そこへ、降下ポッド出現!
ドム来たぁあ!!
しかぁし、彼らの台詞に違和感を覚えた。それは・・・。

「ラクス様の為に!!!!!」

・・・信者だぁぁぁあぁああ!!!!!!!!!!笑

マリューやカガリに、敵ではないと伝えるラクス。
そこへ、アスランが登場。
ラクスの姿に、メイリンちょっと困惑。

カガリは国防本部へ降り立ちます。

そして、シンには帰艦命令がレイから下されます。
もう、すっかりレイの手駒って感じで・・・。


カガリが国防本部の中に入ると、そこには拘束され顔がはれている、ユウナが椅子に座らされていました。
「カガリ、ひどいよ。あんまりだ!僕は君の留守を一生懸命・・・。」
ここまで言ってぇー・・・。



バキっ!!!!!


ナイスパンチ☆
っていうか、一生懸命やって、この状況作ってりゃ世話ないね。全く・・・。
市民の避難なんて・・・最優先にすることなのに・・・。
カガリ様が激怒するのも無理はありません。


AAでは、ラクスが着替えてきましたね。
「わたくしの、足を御覧なさい。」
といわんばかりの衣装。
やっぱり、ミーアへの復讐点数稼ぎと見て間違いないですね。
わざわざ着替えるなんて・・・。

少し話は飛ぶかもしれませんがAAとミネルバ・・・。
ミネルバからのミサイルを交わすAA。
そこへ颯爽と登場して、ミサイルえお2つ打ち落としたのが・・・。
スカイグラスパー。そう、ネオだった。

「俺、あの船嫌いでね。」
そういったネオ。
けど、キラがシンにやられた直後は・・・
「インパルスにやられたんだって?ざまぁみろ!」
って言ってなかった?あれって、ただ単にシンに好意があるだけなのかな?

そして、決め台詞!
「大丈夫、この船は勝てるさ。なんてったって俺は、不可能を可能にする男だからな。」



・・・・・・ムゥ決定打!?



その頃、ミネルバではシンとレイが発進します。
そして、ついにアスランも出撃ー・・・。
ってところでED・・・。
でも、アスランが『ジャスティス、でる!』っていったのは嬉しかったです☆
今までセイバーのときは『セイバー、発進する!』だったからね。


てな所で、おしまいです^^
以上、DESTENY感想でした!
posted by ちー姫 at 12:59| Comment(2) | TrackBack(0) | DESTENY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DESTENY感想について。

さて、毎回DESTENY感想をお届けしているんですが・・・。
第41話「リフレイン」は、総集編。
なので、飛ばします><
すみませんm(__)m
posted by ちー姫 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お詫び・・・m(__)m | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

第40話 黄金の意志

ほぼ一ヶ月ぶり・・・。
PCが久しぶりの一姫が、たまっていた分のDESTENY感想をお届けします!

第40話 黄金の意志・・・。
のっけから、シンはうなされてますね・・・。
それにしても、シンって・・・戦ってるときの目、逝っちゃってるような?
でも、ヘブンズベースでの活躍は確かにすごかったんで、メダルの件は納得です。
でも・・・。
議長から、レイとシンに手渡されたものは・・・FACEの証・・・・・


FACE!?


これって、性格とかも認められないとなれないんじゃなかったっけ!?

「俺は許しませんよ!ギルを裏切るなんて事!」
とか言って銃を乱射しまくる危ない人。
「あんたって人はー!」とか「くっそー!なんなんだ、あんたはー!」
とか言いながら、言ってる理想とやってる結果が矛盾して、目が逝っちゃってる人。

・・・とても、性格に問題がないとは言えないような・・・。
むしろ、精神に異常をきたしてるような・・・。(言いすぎですかね。すみませんあせあせ(飛び散る汗)




一方AA側では、メイリンが、ちゃっかりアスランの隣をキープ・・・。


あなた、いい人ねわーい(嬉しい顔)(右手に金槌、左に五寸釘とわら人形持って、笑顔で)←怖っ!


そして、ジブちゃんはウナトおじ様と、優雅なティータイムぅ。
「奴の支配する世界などになったら、あなた方の居場所はない。」

それはお前も同じだろ?


んで、ユウナがやらかしましたね。
通告に対して、議長さん達に返答しました。・・・がぁ、内容をまとめると・・・。
「ジブちゃんなんて、いないよ〜?僕ちゃん達、知らないよ〜?」みたいな?


ふふふふふふふふふふふるんるん(巨大なコンクリを持って、ユウナの背後に・・・。)


いっぺん、死んで来い!


とうとう、オーブへの攻撃が始まっちゃいました。
カガリは、ミリィに状況を尋ねます。すると、市民には、避難勧告どころか、このような事実さえ知らされていないとの答え。
ついにカガリ様、我慢の限界です。
国防本部では、ユウナがやってきます。
「どうしてこうなるんだ!何でうってくるの!」

・・・バカ丸出しですね

AAでは、キサカさんとエリカさんが、カガリにウズミ様の遺言を聞かせます。
正直、めちゃめちゃ泣きました!
でもって、黄金のモビルスーツ『アカツキ』に乗り込むカガリ。
あの機体、ビームはじき返したり、デザインはそこそこだけど色が・・・。
あれじゃ、戦場で・・・。

さぁ、バッチコーイ!

って言ってるようなもんでしょうに・・・。
でも、カガリ様はぉ強いですから♪
だって、ナチュラルで、種割をしたんですから!

オーブがザフトに追い詰められてる中、
「そんなこといって!また負けたら、貴様のせいだからな!」
という、ユウナの無責任な発言に、一同があきれ返り、言葉もありません。
そんなとき、カガリの声が聞こえます。
するとユウナ・・・。
「カガリ、カガリ、来てくれたんだね、マイハニー!ありがとぅ!僕の女神ぃ!指揮官は僕、僕だよぉ!」


正直ひきまくりました。
前回は認めなくて、今回は認める〜?ふざけんなー!って感じで。
あまりの素早さに、みなさん唖然。笑
けれど、ユウナの幸せはつかの間の出来事。

「ユウナ・ロマを、国家反逆罪で直ちに逮捕!拘束せよ!」

んで、殴られて、取り押さえられます。
ばいばい、ユウナ!(心からの笑顔)笑

そしてぇ!!!!
ミネルバ到着!
そして、シンとカガリの戦いが始まるぅー・・・・
ところでED!
くわっ(><)

てな感じですね!
来週は、なんだかすごいことになりそうです!
それではこの辺で・・・。
以上、DESTENY感想でしたぁ!!!!!
posted by ちー姫 at 12:19| Comment(2) | TrackBack(0) | DESTENY感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。